作品紹介

ストーリー

  • 「美(び)んちゃん」の由来

    この映画の主人公・砂長宏子さん(通称・美んちゃん:小さい時からビンのようにひょろ長かったから)は、見た目もおしゃべりも普通で友達も沢山いる。でも、書類や報告書作り、本を読むことが大の苦手。こうした困難さを理解されないまま大人になって、職場から次々にクビの宣告を受けてきた。

  • 自分の障がいの正体が分からないまま大人になった。

    子どもの時から、どんなに頑張っても成績が上がらなかった。問題は分かっていても読み書きに時間がかかったり、文字の間違い、うっかりミスが多いのだ。日本での大学受験をあきらめ、ロンドンの美術大学に入った美んちゃんは、ここでディスレクシアの可能性が高いと指摘された。

  • 失業中を生きる

    得意な料理の腕を活かしての料理教室、ヘアメイクのアルバイト。苦手な読み書きとは 関係ないところで技が使える仕事は楽しい。

  • 唯一の理解者であるはずの母は・・・

    美んちゃんが高校生の時、両親が離婚して、それからはお母さんが働きながら子供たちを育ててくれた。しかし、お母さんは、最近まで美んちゃんがディスレクシアだということを理解してくれていなかった。 親子水入らずの会話も、本音の出し合いで対立したり、すれちがってばかりだ。

  • 仲間がいた!

    ディスレクシアであることを隠したまま、何とか日本で就職した美んちゃん。そのころ、ネットでディスレクシアについて調べてもほとんど出てこなかった。どうして良いか分からないまま、一人悩んでいた時、偶然にディスレクシアの啓蒙・支援活動をしているNPO法人を見つける。ここで、ディスレクシアで苦しんでいるのは自分一人ではないんだ。共に悩みを打ち明けられる仲間がいたんだ、ということを知り、これ以降、自信を持って前向きに生きられるようになった。

  • 障がいが特別でない社会へ

    ハローワークに通いながら、美術展への出品、企業での講演、チャリティ駅伝への参加、障がい者によるビジネスプランコンテストへの参加と積極的に活動する美んちゃん。自立に向けて歩み始めたけれど、さあどうなる美んちゃん?!

協力

スタッフ

企画・演出・撮影・編集
谷光 章(たにみつ あきら)

1945年香川県丸亀市生まれ。1967年日本映画新社入社。ニュース映画企画者として3億円事件、安田講堂占拠、大阪万博、浅間山荘事件、三菱重工爆破事件などに関わる。1977年よりフリー演出家として多岐にわたる作品を演出。ドキュメンタリー映画「さわる絵本―盲児たちの世界」(ヘラルド配給、厚生省特選)「飛べ!マリンジャンボ」(広告電通賞グランプリ)「日本の中小企業」(文部省特選)他、賞多数。 1994年イメージ・テン設立、新3K(環境・健康・高齢化)に沿ったテーマ中心に映像作品を制作。 2004年からボランティアとして「愛をはこぶ人キャンペーン」(発達障がいの子供たちを支援する団体)に関わる。

撮影三橋 好博
撮影助手稲守 陽介
竹俣 一
蕪木 靖久
作曲・ピアノ演奏山浦 幹子
ヴァイオリン演奏松本 裕香
音楽スタジオTHE LIMEHOUSE(LONDON)
Rupert Pfaff
Neil Williams
美んちゃんの声渡辺 ゆり子
ナレーション保村 真
選曲井口 明夫
整音 村井 宏志(アールスタジオ)
題字キタハラゆかり
製作有限会社イメージ・テン
〒216−0002 神奈川県川崎市宮前区東有馬2-1-41 TEL:044-866-1699
助成 : 文化芸術振興費補助金
2011年/HDカラー/16:9/81分/ドキュメンタリー